かき出す。

更新日:8月22日

収穫が終わった「きのこ」。

収穫前、収穫後のしめじのビンの姿です。

収穫後には業界用語で「掻き出し」という作業でして…。

作業名そのまんまで、瓶の中から培地をかき出す作業なのであります。


「掻き出し機」というこれまた、まんまの名前の機械で行います。



まあ、こんな感じの作業でして…


こうして空になったビンに再び培地を詰めて、次のきのこを作るのであります。


これで「オガ入れ」から始まった「きのこづくり」のおおまかな作業が終わります。

初めて作業に関わったのが2022年の1月27日。

今日は2月18日でありますから、約20日間で一通りの作業は体験できるわけです

他の農産物と比べて、あまりにも短い!


が、これで、「きのこ」ができるかというと、そんな簡単なはずがございませんで…

まわりにある細々としたことがまだまだアルのでございます。


新米農家には先輩農家がつきっきり。独り立ちをするまでに一体どれほどかかるのか…


第一、私はエンジンがかかるのに時間がかかる新米でございまして…。

はい、いつでもそうでございます。

若かりし日のバイトの時からそう。「こいつ、やっていけるのかぁ?」などと必ず思われる。多分今回も先輩農家はそう思っていることでございましょう。


しかし、わたくし、結構きのこづくりに興味が出てきておりまして…。


今後、どうしていきましょうか…




それにしても、当きのこ園の機械は誠に古い。しかも一つの作業をやるためだけに作られた機械だらけで…

しかし、そこに知恵や工夫や熱意やいろんなものが見えてくる。新しい機械より古い機械の方が、そんな人間の心を感じるのはなぜでしょうか?



2022.2.18







閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示