top of page

SDGs。


キノコづくりには重油も使いますし電気も使います。育てるために使う瓶はプラスチック製ではありますが…


この栽培用の瓶の中にいれるきのこを育てるのに必要な「栄養」。いわゆる「培地」というやつのことです。


培地は次のものを混ぜて作ります。



①おが粉 いわゆる「おが屑」ってやつで、私たちにとっては「クズ」ではないので「おが粉」呼んでいます。

②米ぬか 精米するときに出ます。

③ふすま 小麦粉製造の副産物です。

④豆皮 大豆油や豆乳製造の副産物です。日本の大豆使用料の7割は製油用の原料なんだとか…

⑤綿殻(コットンハル) 綿実油製造の副産物です。

⑥コーンコブ とうもろこしの実をとった芯を粉砕したものです。



こんなふうに、きのこの培地は全部副産物なんです。


これらをミキサーで攪拌して瓶に詰めるわけでして…






きのこの収穫が終わった後は、瓶から掻き出して、近隣の農家さんの畑の肥料にしていただきます。おぉ、なんという循環。


何十年も前からまさにSDGs。17の目標の12番目!

「 つくる責任 つかう責任 」 持続可能な消費と生産のパターンを確保する

を実践!


と言いたいところだが…


当農園は、古い機械や建物が多いので、あちこちの修繕をきちんとしながら、できるだけ効率よく、生産量を増やしてこその「目標12」。


頑張らなくてはなりません!






閲覧数:67回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page